AGAの治療に育毛剤とAGA治療薬はどっちがいいか?

AGA、つまり男性型脱毛症の原因ですが、不摂生や遺伝、ストレスといったものがあります。ただ、男性の悩みであることは間違いありません。以前はAGAや男性型脱毛症という名前もありませんでしたので、髪の毛が薄くなってしまったら諦めるしかありませんでした。
最近ではAGA治療として専門の外来ができる程です。正しい治療をおこなうことで、進行を止めることが出来ます。
以前の一般的な治療法は育毛剤の使用がありました。現在のAGAの治療は薬の服用というものが一般的です。育毛剤を使用しての治療と現在のAGA治療の薬を服用しての治療法について、どちらの方がよりAGA治療に効果があるのかを比較をします。

【育毛剤とAGA治療薬の違い】
一般的な育毛剤というのは、薬液を頭に塗布して使います。この薬液の中には様々な有効成分が含まれていますが、その成分というのは結局のところ頭の血行を良くするというものです。
なぜ、頭の血行を良くするのかといえば、髪の毛が生えなくなるのは毛根にある毛母細胞へ栄養がいきわたらなくなり、毛母細胞が休眠していくのを妨げるという考え方から頭皮の血行を良くするような成分や血管が拡張する成分が入っています。
つまり、刺激を与えて毛母細胞を休眠しないようにして、血流の流れをアップさせて栄養をいきわたらせるというものです。
一方、AGA治療薬は頭の血行を良くするというものではなく、毛根の成長サイクルを狂わせる酵素であるジヒドロテストロン(DHT)の生成を阻害する薬です。このジヒドロテストロンは、5αリラクターゼと男性ホルモンが結合することで生まれるものです。そして、5αリラクターゼの受容体が多くある場所がAGAの影響を受けやすい前頭部や頭頂部になります。

【育毛剤とAGA治療薬の比較】
まず、AGAによって薄くなった髪の毛をもとのように発毛させるには、AGA治療薬の方が確実性はあります。中には発毛効果が出ないという方もいますが、多くの方が発毛を実感しています。
一方、育毛剤に関しては不摂生などによる体中の血液循環に難があり、そのせいでAGAとなった方にはそれなりの効果を出します。ただ、遺伝などが原因、つまり5αリラクターゼが多いというが育毛剤を使用しても発毛効果は薄いといえます。
AGA治療薬には副作用もありますので、運動不足や不摂生が原因でのAGAなら育毛剤に分があり、遺伝などが原因のAGAにはAGA治療薬の方に分があるといえます。
しかしながら、AGA治療薬を飲んでいる最中に育毛剤を使用してはいけないというわけではないので、併用をするのが理想的です。

詳細はこちらへ>>http://www.frontiers-in-genetics.org