AGA治療薬と発毛サプリどっちが有利?

AGAの治療方法として、もっとも効果のあるものは薬です。薬は個人輸入することもできますが、薬は副作用がありますので個人輸入で購入すると人体に何らかの悪影響を及ぼすことがあります。代表的なAGA治療薬の副作用としては勃起不全などがあります。
また、肝臓が悪い人も使用する際には注意が必要ですし、薬を女性や妊娠中の女性が飲んでしまうと胎児に何らかの悪影響を及ぼす可能性がきわめて高いのです。
さて、副作用がある薬を使うのは少し嫌だという人は、サプリメントを飲んでいます。サプリメントは体に有用な成分を手軽に効率よく摂取することができて、副作用の心配もないということで、非常に好まれています。
AGA治療薬とサプリメントの費用と効果を比較します。

【AGA治療薬】
AGA治療薬を手に入れるためには前述のとおり医師の処方箋が必要となりますので、定期的に病院へ通う必要もあります。
効果のほどは70%程度の人に発毛効果が認められています。これは5αリダクターゼTypeIIの活動を阻害して、5αリダクターゼTypeIIが男性ホルモンと結びついて生まれる脱毛の原因酵素であるジヒドロテストロン(DHT)の発生を抑制するのです。
5αリダクターゼTypeIIは男性の前頭部から頭頂部にかけての頭髪と前立腺に多くある酵素です。AGA治療薬は前立腺にある5αリダクターゼTypeIIの働きも阻害するので、勃起不全などが起きます。
さらに、薬を服用し続けていないと効果は持続しなくなります。有名な治療薬としてはプロペシアがありますが、これを1年間毎日服用した場合にかかる金額が71,905円程度となります。

【サプリメント】
サプリメントに関しては薬のような勃起不全等の副作用のリスクが全くありません。妊活中だけどAGAが気になるという方は、サプリメントの方が有利かもしれません。また、AGA治療の病院へ行くのが恥ずかしいけれど、AGAをどうにかしたいという人にはサプリメントは人気があります。
サプリメントに配合される成分の中で有名なのが、ノコギリヤシと亜鉛です。この2つは5αリダクターゼTypeIIを抑制する効果が認められています。
ただ、薬ではありませんので、飲んでいるからといってすぐに効果が出るというものでもありません。また薬に比べると効果が劣るという点もあります。
副作用が怖く、費用を安く抑えたいという場合はサプリメントが有効です。4,000円から7,000円で1年間使用することが出来ます。