現在のAGA治療法3つの中で費用比較!

AGA治療は現在3つの種類があります。
つまり、AGA治療薬を服用する治療、HARG(ハーグ)療法、自毛植毛です。この3つがAGA治療の方法として紹介されます。ここで気になるのが費用です。どのような素晴らしい治療方法であっても、そのお金をねん出するのは難しいというケースがあります。どんなに素晴らしくても、受けることが出来ないのであれば意味がありません。
また、AGA治療に関しては長期間を要すというのが一般的であり、AGA治療を止めてしまったらすぐに治療の効果がなくなるので、細く長く続ける必要があります。

【AGA治療薬の場合】
AGA治療薬に関しては個人輸入をすることができますが、基本的にはAGA専門クリニックか一般病院で検査を受けなければ処方されません。AGA専門クリニックの初診は自由診療ですが25,000円程度、一回の診療費が20,000円程度、ここにプロペシアなら6,107円程度がかかります。ジェネリック医薬品のフィナロなら月額775円程度となります。
ただ、一般病院へ通うことで保険診療とすることができるので、費用はもう少し安くすることが可能です。
ただ、AGA治療薬の効果を持続させるため、そして効果を発揮させるためには、病院へ通い続けて薬を飲み続ける必要が出てきます。

【HARG療法】
最新の治療方法で、行っているクリニックも少ないのですが、AGA治療薬で効果が出なかった人、またハミルトン・ノーウッド分類による分類でAGA治療薬のみでは効果が出ない程にAGAが進行してしまった方、そして女性向けの治療法です。AGAは男性型脱毛症ということなので、女性の脱毛に関しては考えられていません。
では、このHARG療法ですが、自由診療で一回10万円程度が目安としてかかります。また、一回の治療をAGAが改善するというわけではなく、最短で3カ月、最長で8カ月程の期間中に5回から10回程度の治療が必要となります。
AGA治療薬との併用となりますので、費用に関してはかなり高額となります。

【自毛植毛】
自毛植毛に関しては手術になりますので、一度おこなってしまうと、もう取り返しがつかない不可逆的なものです。しかし、AGA治療の中でHARG療法を試しても発毛しなかった、ハミルトン・ノーウッド分類のV型以降の重度のAGAの方は、自毛植毛以外の治療方法はありません。
費用に関しては、メスを使って皮膚を移植する手術方法とメスを使用しない植毛方法があり、メスを使用する方が安くなる傾向があります。
費用は18万円から32万円程度となりますが、一度で終わりです。