一般病院とAGA専門クリニック通うならどっち?

AGA治療は自分で行うのではなく病院で行うというのが一般的です。薬を使って治すものですから、専門医に診てもらいながら治療に専念していった方が、効果的なのは疑う余地はありません。
しかし、病院といっても、最近では一般病院でもAGA治療を行っていますので、専門のAGAクリニックを探すよりも、近くの一般病院でも同じ効果が得られるのかしらと疑問に持つと思います。
専門のAGAクリニックと一般病院での効果の差というものを比較します。

【専門のAGAクリニック】
専門のAGAクリニックは、自由診療となりますので費用が15,000から32,000円程度かかります。自由診療なので病院側が独自に報酬を決めることができるので、クリニックによって費用が異なってきます。
なぜ、費用が異なるのかといえば、治療の目的が発毛、つまり毛髪密度増量を目的としているので、これが美容目的となるので保険適用の項目から除外されてしまうのです。美容整形外科の診療費が自由診療となっているのと同じ理由です。
専門のAGAクリニックでは、患者の個人個人の毛髪の状況や体質によって発毛の条件が変わってきますので、薬を独自に調合したものを処方するというケースがあります。
また、AGA治療に使用される薬には、勃起不全や肝機能障害などの副作用がありますので、定期的に血液検査を行います。
さらに、発毛状況を確認するために来院時に発毛状況を撮影したり、専門医である医師が問診や視診、触診をおこないます。
発毛に特化したAGAの治療を受けることが出来ます。

【一般病院】
一般病院の治療目的は、AGAの進行の遅延、つまり現状維持というのが目的です。発毛までは考えていませんので、保険適用となっています。専門のクリニックと比較すると費用が安いというメリットがあります。費用は7,000円から15,000円程度となっています。
基本的に現状維持を主目的として治療をしていますので、発毛状況などをチェックするための写真などを撮るというケースはそこまで多くありません。
視診や問診のみの簡単な治療方法となっています。薬に関しても普通のプロペシアなどの薬が処方されます。
一般病院へAGAの方が通う場合、ハミルトン・ノーウッド分類で初期のAGA患者となります。つまり、AGAだけれども十分に毛髪の量がある人が現状維持のために通うというものです。来院の間隔も長く、一回来院をしたら3カ月から半年間は来院するひつようがありません。
ただ、毛髪量を増やしたいという人は、専門のAGAクリニックへ通った方がいいでしょう。