個人輸入のAGA治療薬と医師の処方箋どっちが安全?

AGA治療はAGA治療薬を服用しての治療が一般的です。現在のところ、この治療法が安全で確実なのでAGA専門クリニックや一般病院でのAGA治療においても使用されます。発毛を促すのみならず現状維持のためにも使用されています。
しかし、AGA治療薬に関してはすぐに効果が出るわけでもありませんし、使用をやめてしまいますと発毛のみならず現状維持も難しくなりAGAがさらに進行してしまうのです。
そのため、AGAの方は薬を飲み続けなければなりません。しかし、薬を手に入れるためには病院で診察をしてもらい、処方箋を受け取る必要があります。医師の処方箋がないと購入できないのでは、病院での診査費用もばかにはありません。
そんな方が考えるのが個人輸入です。医師の処方箋で購入した場合と個人輸入でAGA治療薬を手に入れた場合の危険性を比較します。

【医師の処方箋でAGA治療薬を手に入れる】
AGA治療薬ですが、AGA専門のクリニックで購入した場合、医師が体質に合わせて独自に配合した効果があります。そのため、一般病院でAGA治療薬をもらうよりも効果が高くなる可能性があります。
また、AGA治療薬には様々な副作用があります。もともとは前立腺の薬として開発されていた経緯から勃起不全、肝機能障害、性欲減退といった副作用があります。また妊娠中の女性が服用してしまうと胎児の性機能に悪影響を与える可能性があります。
副作用のことを考えますとかなり危険な薬といえます。一般病院で処方箋をもらった場合、血液検査などをしないことがあります。AGA専門のクリニックでは血液検査などを行い体の中の薬の状態、体の状態を調べつつ処方箋を出しますので、安全に薬を使用することが出来ます。

【個人輸入でAGA治療薬を手に入れた場合】
個人輸入の場合、医師が判断して選んだ薬ではありませんので、自分の症状にあっているのかがわかりません。そのため、発毛効果や現状維持効果すらも期待できないというケースもあります。
また、偽物をつかませられる可能性もあります。例えば、AGA治療薬だと思って飲んでいたら、ただのビタミン剤だったということも否定することが出来ません。さらに粗悪なAGA治療薬を飲んでいますと副作用が強く出る可能性もあります。
そして、自分が1日どのくらい飲んでいいのかがわかりません。薬に関しては適量を飲んでいるうちは薬ですが、使用する量を間違ってしまえば毒となります。

【まとめ】
医師の許可なし薬を服用するのはお勧めできません。例え、どんなに安くても、そのせいで健康を害してしまったら意味がありません。